2005年 03月 14日 ( 1 )

運命の糸

「これ、ホワイトデーのプレゼントだよ。開けてみて。」
「ありがとう。うれしいわ。なにかしら・・・。」
「ねぇ、私達って、運命の糸で結ばれていると思わない。」と微笑む彼女。
「えっ・・・」 いつの間に。オレの腕に巻きついているこれはなんだ?

絡めとられたのか、自ら引っかかったのか。真実は藪の中。

b0020388_208154.jpg

by kousagimama | 2005-03-14 20:14 | シブヤ